日常点検でスペアタイヤの取付け状況をご確認ください。

「しっかりと固定されていないと、脱落の危険性があります」

日常点検(始業前点検)では、機能部分の作動状況・エア漏れ・灯火類の点灯状況等決められた項目を点検頂いているものと思います。
今般、スペアタイヤの固定状況等の点検において、いくつか注意点をまとめ、サービスニュースを作成致しました。
スペアタイヤの固定に緩みがあると、タイヤ自体が脱落したり、キャリアの破損につながったりする恐れがあります。スペアタイヤの固定がしっかりとなされているか、今一度ご確認お願い致します。

スペアタイヤの点検に関するお願い事項
1.スペアタイヤはしっかりと固定してください
(1)操作ハンドルを確実に差し込み、確実に巻き上げてください。
  *ハンドル操作力は30~50㎏です。
(2)操作ハンドルは、逆回転させずに抜いてください。
(3)スペアタイヤの端部を足等で強く押し、緩みやガタつきがないことを確認してください。
2.定期点検時には、キャリアやブラケット類の点検もお願い致します。

なお、車体の点検整備は、専門のサービス工場(認証工場)で受けてください。

特装車をご利用のお客様におかれましては、下記サービスニュースをご一読いただきますようお願いします。

「スペアタイヤキャリア 取扱い」

製品に関するご相談・お問い合わせ

担当:輸送・機器事業部 営業部 営業1課

TEL:042-541-8882
FAX:042-541-8899

お問い合わせフォーム