水中非接触給電システムの開発について

  • 2018年07月03日

  • この度、当社では2kW型および5kW型水中非接触給電(充電)システムを開発いたしました。
    このシステムは、海面下数千メートルで海洋資源を調査したり、深海に敷設されたパイプライン等を点検する無人潜水機(AUV)への充電用に開発された製品です。水中での給電は、危険を伴いますが、金属接点やコネクタのない非接触式であれば大電力を安全に給電することができます。従来AUVは、作業中に電池残量が無くなると、充電のため海上に引き揚げていました。本システムにより、お掃除ロボットのように水中に設置された充電ステーションで充電することで、AUVを専用船まで引き揚げるコストと時間を削減できるため、点検コストを大幅に下げることができます。この技術は、将来的な船舶の電動化に伴い電動船などへの充電にも応用できると考えております。
    今後とも、当社は様々な分野で非接触給電システムを提供し続けてまいります。



 


Page Top